生活習慣の改善、栄養バランスの良い食生活、無理のないダイエットを心がけることが大切です。

MENU

20代のほうれい線対策

20代のお肌でもほうれい線が目立つ理由

一般的にほうれい線は「老けた印象」を周囲に与えるため、特に女性の間では敬遠される傾向があります。
通常、ほうれい線が目立ち始めるのは30代~40代の中年期ですが、中には20代の頃からほうれい線が目立つ事で悩んでいる人も数多く存在しています。

 

30代~40代の中年期を迎えた人のほうれい線が目立つ主な原因としては「加齢による素肌の水分量の減少」が考えられます。

 

しかし、20代のお肌に関しては皮膚中の水分は十分に保持されている筈なので、お肌の水分不足がほうれい線の直接的な要因とは考えにくいと言えます。

 

20代の人のほうれい線が目立つ原因として考えられるのは
「睡眠不足をはじめとした不規則な生活習慣」「食生活の乱れ」
そしてもっとも多いのが「過度なダイエット」による影響です。

 

体重計

年齢に関係なくダイエットは多くの女性の間で強い関心事のひとつとして認識されていますが、20代女性の中には過度なダイエットによって急激に痩せようとする人も数多く居ます。
しかし、急激に痩せてしまうと人の皮膚は伸びたまますぐには収縮せず、お肌がたるんだようになってしまいます
そのため、過度なダイエットによって急激に痩せた女性のお肌はたるみが目立ち、更にほうれい線も目立つようになってしまうというわけです。

 

また、お肌が乾燥する冬の時期はたとえ20代の人でもお肌の水分が不足しがちな為、ほうれい線が目立つ傾向があります。

 

 

20代の人にオススメのほうれい線対策

20代の人にオススメのほうれい線対策としては、何よりもまず「生活習慣の改善」が挙げられます。20代にも関わらずほうれい線が目立つ人の多くは不規則な生活習慣を送っていたり、乱れた食生活を続けているケースが大半を占めています。

 

特に睡眠不足はお肌のターンオーバーを乱してしまうため、ほうれい線を目立たせる主な要因となります。

 

そのため、目立つほうれい線を改善したいのであればまずは生活習慣を改善し、栄養バランスの良い食生活を心掛ける事が大切です。
また、過度なダイエットはお肌のたるみを誘発してほうれい線を目立たせてしまう要因になるため、ダイエットを行う場合は3ヶ月~半年ほど掛けて緩やかに痩せるように意識する必要があります。