巨りょうは顔のむくみや頬のたるみ、乾燥肌の改善や顔のゆがみにも効果のあるツボです。

MENU

ほうれい線に効くツボ

ほうれい線とは「鼻から口角に向かって伸びている2本のしわのような線」の事です。

 

ほうれい線があるとどうしても「老け顔」に見えてきてしまいますよね。
ほうれい線があるのと無いのでは、見た目の印象も大きく変わってくるものです。
とはいえ、あまりお金のかかる対処法はしたくない、と思うものです。

 

ここではそんなほうれい線に悩む方のために「自分でできるほうれい線を消す為に効くツボ押し」をご紹介します。

 

 

巨りょう(こりょう)

ほうれい線に効くツボとして、一番有名なのはこの「巨りょう(こりょう)」というツボです。
巨りょうは両目の中央(黒目の位置)から真下をたどっていき、頬骨のすぐ下の小鼻の横あたりにあるツボです。このツボはほうれい線の他にも、顔のむくみや頬のたるみ、乾燥肌の改善や顔のゆがみなどにも効果のあるツボです。
巨りょうのツボの押し方は、人差し指の指のはらで頬骨を上に持ち上げるようなイメージで行います。左右同時に5秒間押してゆっくり離す、を1セットとして、大体5セットほど行うようにしましょう。

 

地倉(ちそう)

地倉(ちそう)のツボは口角のすぐ横にあるツボです。
ほうれい線のすぐ近くにあるツボで、ほうれい線以外にも、胃の温度を下げる事により食欲を抑える効果もあるツボなので、ダイエット中の方にもおすすめなツボです。
地倉のツボの押し方は、にっこり笑った表情の状態で、左右同時に5秒間おしてゆっくりと離す、を1セットとして5セットほど行うようにしましょう。

 

下関(げかん)

下関(げかん)のツボは耳の付け根から頬骨を伝っていき、口をあけたときに骨が持ち上がる部分にあるツボです。
このツボはほうれい線以外にも血行促進や新陳代謝にも効果があるツボです。
下関のツボの押し方は、人差し指の指のはらで上にやさしく持ち上げる感じに行いましょう。