表情筋を鍛えることで肌にハリを与える”表情筋トレーニング”がおススメです。

MENU

30代のほうれい線対策

30代の人のほうれい線が目立つ理由と原因

男性にとってほうれい線はそれほど気にならないものですが、多くの女性はほうれい線を「老化の象徴」として認識しているため、敬遠する傾向にあります。
ほうれい線が目立ち始めてしまう主な要因としては「老化による肌の水分量の減少」が考えられます。

 

特に30代になってくると女性のお肌の水分量は一気に低下し始めるため、ハリを保てなくなったお肌はたるんで「シワ」や「ほうれい線」が目立つようになってしまいます。

 

10代や20代の若い頃というのは特別なケアをしなくてもお肌のハリやツヤを保つ事が可能でしたが、30代を過ぎた女性のお肌は加齢による影響で保湿力を失う為、日常的な保湿ケアを施さなければほうれい線が目立ったままの状態となってしまいます。

 

栄養バランスが大切

また、30代女性の中には紫外線対策を怠っていたり、暴飲暴食のせいでお肌の状態が悪化している人も数多く見受けられます。
生活習慣や食生活の乱れはお肌のターンオーバーを乱してしまうため、結果的にほうれい線を目立たせる原因となってしまいます。

 

そのため、30代を過ぎたら生活習慣を改め、規則正しい生活と栄養バランスに優れた食生活を意識する事が大切です。

 

 

30代の人にオススメのほうれい線対策

30代になって急にほうれい線が目立ち始めたという人にオススメの対策としては、生活習慣や食生活の改善だけでなく「表情筋トレーニング」がオススメです。

 

30代を過ぎるとお肌の保湿力が低下して肌のたるみが出現しますが、皮膚を支えている「表情筋」を鍛える事によってお肌のたるみを緩和する事が出来ます。
ほうれい線が目立ってしまうのはお肌のたるみが主要因として考えられるので、表情筋を鍛えてお肌にハリを与える事で効果的にほうれい線対策を行う事が出来ます。

 

表情筋トレーニングの具体的な方法としては、
まず最初にふぐのように頬を膨らませて10秒~15秒ほどその状態をキープします。
口の周りにある筋肉が張ったように感じるくらい思い切り口内に空気を溜めるのがポイントです。

 

また、「あいうえお」を思い切り大げさに時間を掛けて発声するという方法も効果的な表情筋トレーニングになります。ベロ回しなどもおすすめです。