肌の再生は睡眠中に行われ、また、夜の10時から2時の間に最も盛んに行われます。

MENU

肌のたるみと睡眠の関係

年齢と共に、肌のたるみが起こりますが、人によればあまり目立たない人もいます。
肌のたるみを起こしにくくするためには、睡眠が需要なキーポイントとなります。

 

 

睡眠が肌の老化と関係

肌や細胞が再生される為には、成長ホルモンの分泌がされますが一日のうち最もこの成長ホルモンの分泌が盛んとなるのが、夜の10時から2時の間です。

 

この時間帯に睡眠していると、成長ホルモンが分泌されて肌のターンオーバーが行われます。
夜更かししていると肌のターンオーバーが健康的に行われなくなり、肌荒れになったり、
肌の老化につながってしまいます。

 

寝る準備

また睡眠時間も問題になります。

睡眠中に体の修復を行いますが、充分に睡眠時間がとれていないと疲れが残ったようになります。

 

研究結果により、一日の睡眠時間が7時間前後が一番疲れなどが残らない睡眠時間と言われています。

 

正常な肌のターンオーバーが可能で、老化しにくい健康的な美肌作りには、
夜更かしをしないで7時間前後の睡眠をとるように心がけましょう。

 

 

質の良い眠りがほうれい線を出来にくくする

質の良い眠りとは、脳と神経を落ち着かせ、脳を十分休ませることのできる深い眠りにつけるかどうかということです。

 

7時間寝ていても眠りの質が悪いと肌のターンオーバーはちゃんと行われにくくなります。

 

質の良い眠りのコツは・・・

 

寝る直前までゲームやネットを見ることをやめる

スマホ

ゲームやネット、テレビなどを見ていると、ストレス、イライラした状態であったり脳や神経の興奮状態、刺激を受けた場合があり交感神経を高ぶらせてしまい寝つきが悪くなり、また眠りも浅くなってしまいます。

 

推理小説などを読んだり、メールを送ったり、話すことも神経を高ぶらせることにつながります。

 

少なくとも眠りにつく30分前には、ゲームもやめて心を落ち着かせた状態で眠るようにしましょう。

 

 

食事に気を付ける

食事は寝る2時間前までには済ませるようにしましょう。
深夜に胃に負担のかかるようなものを食べると、消化に負担がかかりぐっすり眠れなくなります。

 

睡眠に良いとされている食べ物は

 

リラックスさせるもの

カルシウム(乳製品等)ー イライラを抑える。
パントテン酸(レバー、干ししいたけ 等)ー ストレスに強くなる。

 

眠気を誘うもの

メラトニン(オーツ麦、米、アメリカンチェリー、ケール等)ー 睡眠を促すホルモン。
トリプトファン(バナナ、乳製品、大豆製品、ナッツ類、蜂蜜等)幸せホルモンと言われるコルチゾールを作るセロトニンを作ります。

 

 

眠りやすい環境にも気を付ける

寝具

寝室や、枕、ベッド等、寝りにつきやすい環境づくりも大切です。

 

特に灯りは、脳に刺激を与えてしまいますので昼光色のような白い灯りではなく、眠りにつく場合は、オレンジ色の様な電球の色のものにします。