ダイエットをしている場合、脂肪抜きダイエットには注意が必要で、また、40代を過ぎてからのダイエットでは急激な体重変化には、気を付けます。

MENU

ほうれい線予防の食事

ほうれい線を予防するためには食事内容にも気を使わなければいけません。
どのような食事を心がけると、ほうれい線の予防になるのでしょうか。

 

肌のターンオーバーを健康的にする食事を心がける

しみが気になる人

ほうれい線ができるのは、肌のハリが失われてしまい、たるみ、しわになってしまうからです。

 

肌をいつまでも若々しく保つには、新陳代謝が正常に行われることが大切です。

 

バランスのとれた食事が肌の若さを保つ食事ですが
特に注意して摂る栄養素は

 

ビタミンB群

脂質、糖質、たんぱく質の代謝に関与します。
特にたんぱく質の代謝では、アミノ酸に分解し、このアミノ酸は肌のハリつやを作り出す、
コラーゲン、エラスチンの原料となります。
皮膚を健康的に保つ為には欠かせないビタミンです。

 

ビタミンB群を多く含む食品 (乳製品、卵、肉類、魚介類、大豆 等)

 

ビタミンC

ビタミンCはコラーゲンの合成に必要なビタミンです。
またその抗酸化性から、肌に発生した活性酸素をとりのぞきます。
美白効果もあります。
ビタミンCは体内に蓄積されないので、毎日欠かさず摂らなければいけません。

 

ビタミンCを多く含む食品(アセロラ、グアバなどの果物、キャベツ、ジャガイモなどの野菜、緑茶等)

 

必須脂肪酸

脂肪の中でも、必須脂肪酸は体内では作ることができないため、食品でとる必要があります。
肌にうるおいハリを与えて、乾燥肌の防止をします。

 

不足すると、皮膚炎などを起こし、体力低下、不妊、免疫力低下、アレルギー症状、発育障害も起こしてしまいます。

 

油抜きのダイエットなどをしているとこの必須脂肪酸の不足をおこしてしまいますので注意が必要です。
n-6系(リノール酸、γーリノレン酸 等)
n―3系(EPA,DHA、α―リノレン酸 等)
4対1の割合で摂取することが理想的と言われています。

 

必須脂肪酸を多く含む食品(植物油、魚介類、ナッツ類、)

 

 

急激な体重変化に注意

ダイエットをして、やせるのはとても良いことですが急激な体重変化に伴い、皮膚がたるんでしまうことがあります。

 

若い時には、急激な体重変化でも、あまりそういうことは起こりませんが特に40代でダイエットをする場合、一か月に2~3キロほどの減量に抑えます。