表情筋やリンパのマッサージを施すと、肌老化の進行を抑制することができます。

MENU

40代のほうれい線対策

40代女性にオススメの顔マッサージ

40代にもなると顔中のあちこちにシミが出来たりシワが目立つ等、外見的な変化が現われてきます。特に女性は男性よりも素肌を支える筋肉量が少ないため、皮膚のたるみによる影響をモロに受けてしまう傾向があります。

 

40代の女性が特に気になる老化現象としては「ほうれい線」が挙げられますが、たとえほうれい線が目立って気になり始めたとしても適切な対策によって老化の進行を抑制する事が出来ます。

 

40代女性の間で特に敬遠されがちなほうれい線を消すためには、「顔のマッサージ」がオススメです。

 

顔のほうれい線は基本的にお肌のたるみが原因で目立ち始めますが、ほうれい線の溝を浅くして目立たなくする為には皮膚を支える筋肉を効果的に引き締める必要があります。

 

顔の皮膚を支えている筋肉は「表情筋」と呼ばれていますが、この表情筋にマッサージを施して刺激を与えていくと筋肉が引き締まり、皮膚を引き寄せてほうれい線の溝を浅くする事が出来ます。

 

特に口角を上げるときに使う「小頬骨筋」はほうれい線と密接な関わりがある為、口角周りの筋肉には特に入念なマッサージを施していきます。

 

マッサージの具体的な方法としては、
まず第一に入浴しながら親指を口の中に入れて歯茎と顔の筋肉の間に差し込みます。
そして頬の上から人差し指と中指を頬骨に当て、親指と挟むようにしながら優しく左右に動かしてマッサージを行います。

 

このマッサージを一日に10分ほど行うだけで気になるほうれい線を目立たなくする事が出来ます。

 

 

40代女性にオススメのリンパマッサージ

40代の女性がほうれい線を消そうと考えると並大抵の努力では足りませんが、「リンパマッサージ」を効果的に行う事でほうれい線を目立たなくして見た目の若々しさを保つ事が出来るようになります。

 

顔や頭を流れる血液やリンパ液というのは首や肩を通って最終的に「鎖骨」へと流れ込みます。
この鎖骨はリンパ液の出口となっているため、マッサージによってリンパ液と共に老廃物を流してあげると顔や頭のむくみが取れてお肌にハリが出てきます。

 

ほうれい線の原因はお肌のたるみなので、リンパマッサージでお肌にハリが戻れば結果的にほうれい線は目立たなくなるというわけです。

 

リンパマッサージの具体的な方法としては、
最初に右手で左の鎖骨の上下を首から肩に向かって押し出すように軽くマッサージを行います。
左も同様にマッサージを行ったら、次は腕を背中側で肘を曲げて組み、首をグルグルと回します。

 

これを左右に何回か繰り返す事で古いリンパ液を流し、むくみの解消やほうれい線の解消へと繋げる事が出来ます。