ファンデーションの仕上げにハイライトパウダーを軽く乗せると、ほうれい線が目立ちにくくなります。

MENU

ファンデが浮く時の対処法

ファンデーションを塗った時はきれいだったのに、時間が経つとほうれい線のところでファンデーションが浮いている・・・。そんな経験はありませんか?
なんだかものすごく老けてしまった気分になりますし、化粧を直してもまたほうれい線のところでファンデーションが浮いてしまったら・・・、なんて思うと気が重くなってしまいますよね。

 

ファンデーションがほうれい線で浮かないようにするにはどのようにメイクすればいいのでしょうか?

 

保湿不足にならないようにする

ほうれい線のところでファンデーションが浮いてしまう原因の一つに「保湿不足」が考えられます。メイク前の朝のスキンケア時に、

  • 化粧水を肌がヒンヤリするくらいまでしっかりつけるようにすること
  • 乳液を使用して肌が乾燥するのを防ぐ事

がとても重要です。
スキンケアは終わった後に、手で顔を軽く押さえるようにすると肌になじむ効果が高くなります。
ほうれい線に効果的な成分が入っているスキンケアなどがおすすめです。

 

ベースメイクをきちんと行う

ベースメイクをきちんと行わず適当に行っていると、メイクにムラが出来、ファンデーションか崩れやすくなってしまいます。
ベースメイクは適量をきちん均一に肌に塗ることで、顔のくすみや化粧崩れを防ぐ事が出来ます。
ベースメイクをつけすぎるとほうれい線のファンデーション崩れの原因になってしまうので注意しましょう。

 

ファンデーションの使い方に気をつける

ファンデーションは、パウダー・リキッド・クリーム・スティックなどさまざまな種類のものがありますが、保湿成分の含まれているファンデーションを選ぶようにすると良いでしょう。
油性のファンデーションは厚塗りになってしまうと化粧崩れをおこしやすいので注意が必要です。

 

また、ファンデーションの塗りすぎにならないように、ほうれい線など化粧崩れの起こしやすいところは薄くつけるようにするのがポイントです。
仕上げにハイライトパウダーを軽く乗せるとほうれい線が目立ちにくくなります。