ほうれい線の消し方を実践!分かりやすい体験レビュー付き!

MENU

ほうれい線とは

ほうれい線というのは、
加齢とともに伸びてくる鼻の両脇から唇にかけて伸びる八の字のしわのことです。

 

漫画やイラストでも、中年の女性には、ほうれい線が描かれていますよね。

 

このほうれい線はどのような原因で伸びてくるのでしょうか?

 

ほうれい線の原因
顔の筋肉の衰え

顔の筋肉は、日常的に活発に動かすものではないので、筋力が衰え、皮膚を支えることができなくなってしまうのです。筋肉の衰えとともに、再生細胞も働かなくなるため、老廃物も溜まりやすくなります。
その為、あまり笑わない人、いつもへの字に口を結んでいる人は、特にほうれい線ができやすくなります。

肌の乾燥

加齢に加えて、空調や紫外線によって、肌の保湿力が低下してくると、肌に弾力とハリが無くなってしまうので、皮膚が下がってきてしまうからです。
また、紫外線はシミが出来る原因にもなります。
その他にも眼精疲労が、顔の筋肉を固くして、リンパの流れや血行が悪くなり、その結果、皮膚の張りと弾力が無くなり、皮膚が垂れ下がってほうれい線になることもあります。

 

加齢とは関係なく、ほうれい線ができることも

間違った洗顔方法や、肌の乾燥の原因となり、ほうれい線を作ってしまいます。
洗顔は、肌の保湿を心掛けて、丁寧に正しくするようにしましょう。
敏感肌の人は特に肌年齢が上に見られることがあるようです。

 

乾燥肌・敏感肌の人は特にスキンケアに気をつけなければいけません

 

ここでは敏感肌でも安心して使えるエイジングケアスキンケア商品をご紹介します。

 

アヤナス コンセントレート

decencia アヤナスの特徴

ほうれい線が気になる方必見!!
敏感肌は普通肌よりも老化が早いと言われています。
また、アンチエイジングが効きにくい・・・という人も多いようです。そんな悩みを一気に解決してくれる商品がこの「アヤナス」。
数々のベストコスメ賞を受賞し、リピーターも多いおすすめ商品です。

価格 通常2,700円 ⇒ 1,480円(税込)
評価 評価5
備考 送料・振込手数料無料

 

アスタリフト

アスタリフトの特徴

CMでもお馴染み、フジフイルムから登場したアスタリフト。肌のハリにアプローチする「アスタキサンチン」が気になるほうれい線もピンと目立たなくしてくれます。
フジフイルムの技術と美容成分が肌の潤いを実感させてくれるでしょう。

価格 1,000円(税抜)
評価 評価4
備考 送料無料

 

新しくなったジェリー アクアリスタについてはこちら

 

 

メディプラスゲル

メディプラスゲルの特徴

化粧水・乳液・美容液・クリームの役割を1本に詰め込みました!
洗顔後のお手入れの時間が短縮でき、肌にかかる摩擦を抑える事で肌へのダメージを最小限にしました。
オールインなのに驚くほど保湿効果の高いメディプラスゲルがほうれい線をハリのある肌へ導きます。

価格 3,996円(税込) 1か月あたり1,998円!
評価 評価4
備考 送料無料

 

ピュア&シルク

ピュア&シルクの特徴

年齢による口元の悩みに特化したピュア&シルク。
使用した方の93.1%が満足しているというデータもあります。
赤ちゃんが使っても大丈夫という安心出来る成分を使用しており、肌が弱い方の肌にも潤いを与え、トラブルや刺激に強い健康な肌を目指します。

価格 通常8,380円 ⇒ 4,666円(税抜)
評価 評価3
備考 送料無料 ※定期購入のみ

 

このように様々なスキンケアがありますが、即効性がなく持続して行わないといけませんので根気よく続けることが大切です。
とにかく早くほうれい線をなくしたい!という方はこちらがおすすめ!
マジックフェイシャル

 

 

その他、無理なダイエットによって、急激に痩せることで、顔の皮膚がたるんでほうれい線になってしまうことがあります。

ダイエットイメージ

 

また、タバコもほうれい線の原因になります。
喫煙の習慣は、血行を悪くするだけでなく、細胞を酸化させ、破壊する活性酸素のせいで、体内からはたくさんのビタミンCとEが失われてしまうため、コラーゲンが作られなくなります。

 

その為、肌は張りを失い、ほうれい線が深くなってしまうのです。

ほうれい線を食事やサプリで解消

 

20代でもできてしまうほうれい線

ほうれい線は加齢が原因で、肌のハリなどが減少してできるばかりではなく、20代でも生活習慣などが原因でできてしまう場合があります

 

では、どのようなことに気をつければよいのでしょうか。

 

姿勢が悪い事で起こるほうれい線。

現代人の生活に、パソコンや、スマホ、タブレットは、欠かせないようになっています。

デスクワーク

 

またデスクワークをしている場合など、楽な姿勢を取るとどうしても猫背になって、あごがつき出るという姿勢をとってしまいがちです。

 

猫背は内臓を圧迫し、血行が悪くなり、代謝を悪くします。
必要な栄養が、充分に補充できなくなり、肌の老化を起こします。

 

また、体のゆがみも起こり、顔やホホの筋肉への影響を与え、ほうれい線ができやすくなります。

 

 

ほうれい線について

 

 

姿勢の悪いことを改善するには。

猫背

デスクワークなどで、長時間集中してしまうと、どうしても猫背になってしまいますが1時間ごとに少しの休憩を取り、その時に体をおもっきり伸ばすように伸びし猫背にならないように気を付けます。

 

猫背防止のグッズなどもありますが、座っているときにも、肩甲骨を中央に寄せるように意識して、内臓を圧迫しないように胸を張った姿勢を摂るようにしましょう。

 

猫背が習慣になってしまうと、歩いているときにも、猫背になってることがあります。
姿勢が悪いと見た目の年齢が若く見えないということもあります。
歩いているときも、胸を張ってさっそうと歩くように、心がけましょう。

 

猫背が引き起こす病気

猫背が原因で、内臓を圧迫し、心臓、肺の疾患にかかりやすくなってしまいます。
心臓を圧迫していると、血行も悪く、肺を圧迫していると呼吸もちゃんとできなくなり代謝も緩慢になり、肥満もしやすくなります。

 

血行が悪くなると同時にリンパの流れも悪くなり、老廃物が滞りやすくなり、体調の不良を招きまたむくみなども起こります。
脊椎のゆがみ、首のゆがみなども起こり、関節の痛みなども起こることがあります。